フラット35借り換えにかかる諸費用はいくら?

フラット35とは、民間金融機関と住宅金融支援機構が、共同で提供している長期固定金利の住宅ローンのことを指しています。ローンの使用目的は、新築住宅の建築・購入と中古住宅の購入であることを条件としています。返済期間が15年から35年の間とされていることと、固定金利ということで借り換えるにあたっての利益を上げることができる条件に当てはまる借主が多いです。利益が上がる条件とは、借り換えを行うとしたら新しくローンを組むことになるので、当然保証料・抵当権抹消費用・司法書士手数料・融資手数料・登録免許税・収入印紙代などがかかってしまいます。全部合わせると、大体の計算でも2・30万円前後の費用がかかってしまうことになるので、当然これよりも上の利益を上げる必要があるのです。まず、金利が今よりも低いものになることや返済期間が10年以上残っていることそして返す金額が1000万円以上ある場合などがかかる諸費用を差し引いても利益を上げられる条件なのです。もしも、わかりづらくて不安な場合は、ウエブ上に設置してあるシミュレーションで試してみれば分かりやすいです。

住宅ローン借り換え諸費用いくら?安い銀行比較!【諸費用込は損?】
住宅ローン借り換えを特に諸費用に注目して解説してくれている専門情報サイトです。住宅ローン選びで大事なのは金利ではありません。とくに借り換えでは金利よりも諸費用がいくらかかるのかが大事になってきます。フラット35を含め借り換え比較をしたい方必見です。