ブルーライトは体に悪い?PC用メガネで眼精疲労は治る?

パソコンを夜遅くまで使っていたり、スマホを布団の中で見たりしていると眠れなくなる事があります。
その原因はブルーライトです。
ブルーライトは太陽の光に似ていて、体を起こしてしまう光なのです。
これを夜遅くまで浴びる事は、体内時計のリズムを狂わせてしまう事になります。
ブルーライトを浴びる事で、睡眠ホルモンと言われているメラトニンが減ってしまうという事も言われています。
また散乱する性質を持つブルーライトは目にも悪影響を及ぼす事があり、眩しく感じたり、目がチカチカしたりする事があるようで、眼精疲労が起こったり、目が痛くなったりするようです。
また眼の網膜の奥にある黄班が影響を受け、最悪失明する事もある加齢黄班変性になる事もあり注意が必要です。
このブルーライトは専用のメガネをかける事で防げるようですので、よくパソコンやスマホを使う人は使ってみましょう。
PC用メガネのデザインどう?おしゃれフレームを調査【人気ブランドは?】