パソコンのウイルスとは?

感染するとPCの誤作動を引き起こしたり、情報を流出させるなどの被害が生じます。
感染経路は様々で、メール、WEBサイト、メモリースティックなどの記憶媒体、P2Pソフトなどが挙げられます。
よく見られる症状としては、システムが突然停止する(もしくは再起動する)、PCが起動できなくなる、ファイルが消去されたり、移動されたりする、見に覚えのないファイルが作成、表示されるなどといった兆候が現れます。
必ずしも全てがコンピューターウィルスの症状だとは限りませんが、何らかの兆候が現れた場合はウィルス対策ソフトを使って検査を行ないましょう。
ウィルス対策は「感染しないこと」が何より重要です。
また、いわゆる「ファイル交換ソフト」はウィルスの温床となっています。
市販されているウィルス対策ソフトなども併せて利用するようにしてください。